キッチン

祖母をなくしたみかげが雄一とえり子親子の家に居候し、生きる力を取り戻すまでの話。
失うことを通して初めて感じられる大切なもの。
人が本来ひとりであること。
ロックな吉本ばななの有名なデビュー作です。

a0351769_00214614.jpg
 吉本ばなな
 福武文庫(角川文庫1998年)
 1991年

[PR]
by gu1nomi | 2016-12-26 00:22 | 小説