ラピスラズリ

冬の間は眠り続ける《冬眠者》たち。
冬の最中に少女が目を覚ましてしまいました。

静謐で気迫のある文章、かっちりした章立ての中で2転3転する展開。
重厚感のある物語です。

著者が15年もの間、休筆していた後の作品です。
読者を夢見心地にしてくれる幻想小説です。

a0351769_12425597.jpg 山尾悠子
 筑摩書房
 (ちくま文庫)
 2003年

[PR]
by gu1nomi | 2016-01-23 12:43 | 小説